『曇りガラス向こうは風の街(^^;)』 、 『チャプチェ』

 散歩はまたサボっている。この頃は太陽が出るとすぐ暑くなるし、おまけに白内障の右眼を通してみる世界は「曇りガラス向こうは風の街(ルビーの指輪)」、つまり、昔いた砂漠の国、クウェートの砂嵐みたいだからだ(^^;) 

 こういうわけで、目下のところ僕の楽しみは料理だけだが、これも奥さんはあまりいい顔をしない。理由は一つはよく指を切るからだが、これはあながち眼のせいだけではない。多分本当の理由は鍋やフライパンに一杯まとめて作るようなものしか作らないからだと思う(^^;) ところが先日TV(ジョン・キョンファさん) で見たとおりにチャプチェをやったら、美味しいとほめてくれたのでこれもメモしておく(*^_^*) これも我が家では分量は多目に作ったはずだが記録していないのでオリジナルのレシピで書いておく。ポイントはチャプチェは和え物であり、春雨は炒めない。他の具材はまとめずに1種類ごとに炒めるというものだった。

作り方(2人分): 緑豆春雨80gを耐熱のボウルに入れ熱湯を注ぎ約6分おいて戻す。ざるに上げ、冷水で冷まし、水をしっかり絞ってよく切っておいておく。
牛肉薄切り150gを細切りにして、合わせ調味料をよくもみ込む。

 合わせ調味料;ショウユ大1/2、砂糖大1.5、ごま油小1/2、おろしにんにく少々 

 これをフライパンで油をひかずに炒め、肉汁ごと春雨に加え、くっつかないうちにすぐによく混ぜる。

 野菜(玉ねぎ1/2、赤ピーマン1個、生シイタケ3個、サヤエンドウ50g)をすべて細切りにして1種類ずつ少々のごま油をひいたフライパンに塩・胡椒して炒め、次々に先ほどの春雨のボウルに加え手でよく合える。白すりごま大1を加え、最後に味を見つつ塩、胡椒、ごま油、すりごまで味を整える。赤唐辛子が伝わる前からある料理なので唐辛子は入れない。

Photo

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『またまた、ジャージャー麺』

 ジャージャー麺は今までも何度か書いたが、これは戦時中、北京で仕事をしていた父が覚えた味をうちの奥さんが引き継いだもの。これを自分で作ろうと以前の記事を見たところ細かい部分の説明がなかったので今回奥さんが作るのを見ながらメモした。簡単に言えば、湯に通して解凍した冷凍うどんに肉みそをのせ、たっぷりのキュウリの線切りと白髪ねぎをトッピングしたものだ。
肉みその分量は3人が翌朝も食べられるくらいあるが、家ではいつもこのくらい作るのでそのままメモする。
昨日のアップでは肝心のひき肉の分量をかき忘れたので追加した)

肉みその作り方:フライパンにごま油、サラダオイル各大1を熱し、ショウガ、ネギのみじん切り各大2くらいを炒める(分量はっきりせず。ショウガは多目、ネギは白髪ねぎを作って余った部分で青い部分も使う)。香りがたってきたら豚のひき肉500gを加え、豆板醤を少量加えて肉に火をとおす。ここへ予め用意した合わせ調味料(味噌大3強、ショウユ大3弱、砂糖大1..5、豆板醤大1/2、酒大2か3かもっと。 *肉みその柔らかさ具合で酒を調節する) を加えよく混ぜながら炒める。

 個人的経験からの注意点:ニンニクは入れない。片栗粉などでとろみはつけない。中華そばでなく冷凍讃岐うどんを使う。辛さの調節は豆板醤でやり、味噌ではしない。甜面醤は入れない。割り箸必須。

Dsc02755

ところでこの晩は我々夫婦の44回目の結婚記念日だった(^^♪ 奥さんが作っている間、僕は野菜主体の生春巻きを作ったが絵的にあまりうまそうではないが味はナンプラーのタレのおかげで美味しかった……(^^;)

Dsc02754

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『母の日にジャガイモのニョッキとトマトソースを作った!』

 長女夫婦から今年も母の日のカーネーションの鉢が届いた(^^)/ どういうわけか奥さんの誕生日はもちろん結婚記念日も母の日も僕が料理を作ってごちそうすることになっている。  ^^) _旦~~ ハハー、ドウゾ 
 作ったのはジャガイモのニョッキのトマトソースとヴィシソワーズ

 ヴィシソワーズのスープストックは市販のチキンブイヨンを溶かして使った。

 ニョッキは手作りの予定だったが、時間が気になり、ぎりぎりになって市販のもの(250g入って200円くらい)を2袋慌てて買ってきた( 一一) 。

 トマトソースはまずソフリット(野菜出汁)を作り、ここにトマト水煮缶2個、赤ワイン、バジルをちぎり入れた。ここへ茹であがったニョッキを混ぜ込んで完成。奥さんが作るときはもちろんニョッキは手作りだがめったに作ることはない。感想が気になったが以外にも好評だった(^^)/ 今後とも困ったときのお助けメニューとして採用決定!

Img_1399_2

Dsc02604

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『アカバナユウゲショウの白い花を見つけた!』

 先日、散歩途中に出会った野花の写真を撮影している友人と歩いて以来、長い間遠ざかっていた散歩にようやく出られるようになった。散歩中の人たちからすれ違うたびに久しぶりだねと何度も声をかけられた(^^;) 
 途中、先日友人から教わった小さなピンクの花(3つ下の記事の花の写真の先頭)が群生しているのに気付いた。名前は忘れていたが検索したら「アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)」だった。ところがそのピンクの群生の中に1-2株の白い花を発見!調べたら白くてもそのままアカバナユウゲショウというらしい。それに、ユウゲショウと言っても朝から咲いている。

Dsc02464

Dsc02483

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ビュールレ・コレクション展に行ってきた』、『神田、きくかわの鰻』

 前売りでチケットを手に入れてあった新国立美術館で開催中の印象派展、「ビュールレ・コレクション」をもう少しで見逃すところだった(^-^;  偶然確認したら7日が最終日だった。慌てて昨日奥さんと行ってきた。今回の展示の目玉は当然ルノワールの作品、別名「可愛いイレーヌ」として知られる「イレーヌ・カーン・ダンベール嬢」の肖像画だ。詳しくは分からないが印象派の絵画は一般的に対象をくっきりとは描写しない感じを受けるが、肖像画ということもあるのだろうが、うーん、一応Birderとしては、この絵はフォーカスが眼だけにはぴったり合っているのが印象的だった。だが、8歳の少女のこの憂いに満ちた眼はその後の一家の運命を予感していたものなのだろうか。

 モネの睡蓮だけ撮影OKだった

Img_1362

 展覧会の帰りは神田に寄り、「神田 きくかわ」の鰻の蒲焼を3匹分お持ち帰りで買って今夜のディナーとする(^^)/ 

Img_1377

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『写真がイラストに化けた (-_-;)』、『春のごはん (^-^)』

 先日、法華経寺で花の写真を撮っているとき途中でどこかを触ってしまったのか、帰宅後見たら写真がまるで額縁入りのようになっていた(前回の記事参照)。後で気が付いて設定を変えて(いじって)直したが、その後また確認をした(いじった)ら今度はその後撮った写真がイラストに化けていた( 一一) このカメラはあまり使わないうちに息子に譲ったのであまり慣れていない。やはり取説はきちんと読まなければ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 娘の嫁ぎ先の実家から今年もいっぱいソラマメをいただいた。早速ゆでて食べたがさすがにおいしい。晩ごはんは当然ソラマメご飯にした(^^)/ 最初の晩ごはんはイラスト調になってしまったので今夜再度作って取り直した( 一一)
しかし、アサリの酒蒸しのイラスト調を見ているとなかなかうまいものだと感心してしまう。小さい写真で見ると気が付かないが大きなパソコン画面で見るとまさしく絵である……

Photo

Photo_2

イラスト調になってしまったソラマメごはん

Photo_3

これもイラスト調になってしまったアサリの酒蒸し

Photo_5

今夜のソラマメごはん

Photo_4

今夜のビールのおともはゆでずに、さやのままオーブントースターで焼いてみたがこちらのほうがより香りが立っておいしかった。飲んだビールはわずか100株でゲットした株主様限定の黒ビール。もらったのはわずか4本だけです……

Photo_6

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『中山法華経寺界隈を散歩して茶店で一献』、『奥さんのお得意ローストビーフ』

 昨日は友人と中山法華経寺で待ち合わせた。目的は参道横にある古い茶店で一杯やることである ^^) _旦~~ この店には何年も前から散歩の途中必ず立ち寄り、みそ田楽、きぬかつぎなどを肴にぬる燗を1、2本やるのを慣わしとしている。昼下がり、客が退けた時分を見計らって入るのがよい。昨日は草花に詳しく、散歩の途中見つけた花などをブログで紹介している友人に「清華園」や「安世院」などを案内してもらった。いろいろ草花の名前を教えてもらったが到底覚えきれない(-_-;) 

Dsc02242

Dsc02252

Dsc02217

Dsc02220

 ↓ カザグルマ(別名:テッセン、クレマチス)

Photo

Dsc02223

Dsc02226

Dsc02222

 だいぶ歩いたせいか帰路また腹が減り思わず肉の塊を買ってしまった。そういうわけでディナーは奥さんお得意の旨いローストビーフにしてもらった。いつもより大きかったので厚切りで(^^)/

Dsc02266

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『鯉も恋の季節かな?』、『庭のハナモモも満開!』

 1週間ほど前、大柏川沿い歩いていると水音が騒がしいのでのぞいてみると、大きな鯉がたくさん集まって水しぶきをあげて暴れていた。乗っ込みかな?春ですねえ(*^_^*) 
 我が家のハナモモもようやく満開 (^^)/ まだ去年植えた小さな若木なので見た目は商店街によく飾ってある造花にしか見えないが、ちゃんと桃の花の(多分です。桃の花をあまり嗅いだことはない)香りがします。

 乗っ込み?
Photo

鯉の花見
Photo_2

庭のハナモモ
Hanamomo

Photo_3
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『常夜鍋』、『桜満開と花筏』

 このところまた寒い日が続いているが、そろそろ最後のチャンスかなと思って鍋にした。今回は「常夜鍋」である。常夜鍋は水(or 出汁)と酒で豚肉、ほうれん草を煮ながら食べると言う簡単なもので、本来「一人鍋」向きだという印象で家ではあまり食べる機会がなかった。20年前未だ大学生だった長女と二人暮らしだった時に100%酒でやってその旨さに感激して以来である。そういうことで今回は豆腐を加えてちょっとだけボリューム感を出してみた。これ以上入れるとシンプルが身上の「常夜鍋」ではなくなってしまうと思う。

 作り方は適当にやったので書くほどのことはないが一応メモすると、鍋に出汁昆布と水と日本酒(水との正確な割合は分からないが、酒は600cc入れた)を入れ30分ほど置き、これを沸騰させ、昆布を取り出し、豆腐、豚肉(ロース薄切りを使った)、予めゆでておいたほうれん草も加え、各自、ポン酢に大根おろし、七味唐辛子で食べた。旨くてはしが止まらないが豆腐のおかげで適度なところで腹がいっぱいになる。大根おろしのおかげで胃にも優しかった(^^♪ 

Photo

Photo_2

満開の桜と花いかだ

Photo_3

Img_12792

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『春の苑 くれないにほふ 桃の花 下照る道に 出で立つ乙女』

 奥さんと散歩がてら真間川沿いを歩き買い物に行った。4日前のことである。まだ桜は1-2分咲きくらいだったがそれでも久しぶりの良い天気に公園では家族連れがビニールシートを敷いてピクニックをしていた。ところが、翌日、翌々日と続く暖かい陽気に桜は瞬く間にほぼ満開状態。散歩道沿いの花桃も満開で紅、白、ピンクさらには同じ枝に各色混合と美しく、しばらく花桃と並んだ奥さんの写真を撮ったりした(^^♪ 上の和歌は万葉集の大伴家持のうたです(#^.^#)

 帰り道につくしが群生しているのをあちこちに見つけた。今年はつくしの当たり年だったのだろうか。

Photo

Photo_2

Photo_3

2

1

Photo_6

Photo_4

Photo_5

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ハナモモの開花』、『デンマーク風ミートボールのさわやかクリームソース』

 久しぶりにカメラを抱え、オオタカの撮影場所に行ってみたが残念ながらオオタカにもカメラマンにも出会えなかった。例年このころになるとオオタカを見ることはめったになくなる。今期はインフルエンザで撮影機会を逃してしまった。
その日の午後、二日前はつぼみだったハナモモがきれいなピンクの花を開花させているのを発見(^^♪ しかし、我が家のはもう少しかかりそうだ。

Yamamomo_2

Yamamomo2
 
 今日は最高気温が5度とのことで、鍋といきたいが、冷たい雨が降っていて外出する気になれない。今夜は家にあるもので何でも作れるプロの主婦に任せることにしておとなしくしていよう(^-^; もう少し暖かかった先日、TVでやっていた「デンマーク風ミートボールのクリームソース」がしゃれて見えたのでやってみた。ソースがなかなかの味だったので以下メモしておく。家では2倍の量を作ったがレシピは元のを載せた。また、指示はポークのミンチだったが間違えてあいびき肉を買ってきてしまったが多分さほどの違いはないと思う。今回はディルがなかったのでパセリだけにした。このソースはヨーグルトが入っていてさわやかだったので料理名は勝手に「さわやか」を足した。コウケンテツさん、ごめんなさい(^^♪

ミートボールの作り方:
豚ひき肉200g、牛乳、小麦粉各大匙1、溶き卵1/2個分、玉ねぎみじん切り1/4個分、塩小匙1/3~1/2。これをすべてボールに入れ、スプーンでよく混ぜ、スプーン2本を使って適当に丸めてバター30gを溶かしたフライパンで両面こんがり焼く。

ソース:オリーブオイル大1/2をフライパンに熱し、にんにく1/2かけのみじん切りを炒め、手で小さくちぎったマッシュルーム2~3個分を炒める。ここへ生クリーム100㏄を加えて約2分間煮詰める。ここにあらかじめざると紙タオルで水(ホェー)を切っておいたヨーグルト2/3カップ分を加えトロッとさせ、塩小1/3、で味を調える。火からおろしてしょうゆ数滴、粒マスタード小1/2、パセリ、ディル4~5本のみじん切りを加える。

ミートボールを皿に並べ、ソースと粗挽き黒コショウをかける。好みのジャムにレモン汁を混ぜて酸味を増したものを添えていただくのもよい。

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『レアンドロ・エルリッヒ展に行ってきた』

 友人から誘われて六本木の森美術館で開催されている、アルゼンチン出身、現代アーティストの「レアンドロ・エルリッヒ展」に行ってきた。視覚的錯覚を中心とした作品で、中でも「教室」、「建物」、「美容室」、「試着室」などが楽しめた。観客参加型の作品で作品の中に鑑賞する側も潜り込んで身体全体で驚きを体験できる点が楽しかった(^^)/ 奥さんから新国立美術館の印象派展を見に行きたいと言われているので、間に合えばこっちにも連れて行こうと思う(^^♪

Photo_4

 3-4日前からほぼ3ヶ月ぶりに散歩を再開した。うすうす気づいてはいたが春は確かにもうそばまで来ていた(^^;) 昨年初めて食べた花桃の木のそばを通ると枝に今にも咲きそうな花芽がついていた。水仙の花も満開である。思い出して家に戻り自宅の花桃と水仙を確認するとこちらはまだまだらしい。(-_-;) 
 去年食べた道端の花桃

Img_1153_2

 我が家の花桃(今朝見たらまた大分膨らんできていた)

2018316737am

Img_1156

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『おひなさまのちらし寿司』

 治療中の右眼に併発した白内障がうっとうしく、カメラを手に野鳥を追いかける気にも散歩に出る気にもなれない日々が続いている。と言って眼というものは身体の他の部位と異なり、起きて生活している限り休ませることも難しく、ドライアイ用の目薬を差しながら結局は読書やTV、PCなどで唯々眼を疲れさせている毎日である。
 ところで、3月3日は桃の節句。奥さんのちらし寿司が大好きなので、「男しかいないけど(娘は結婚して出てゆき息子と僕しかいない)作ってよ」と頼んだがこれは失言。奥さんから「当然私がいるからそのつもりだったけど」と返された(^^;)
白酒の代わりに久しぶりに白ワインで乾杯。

Photo

Photo_2

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『皆既月食』

 昨夜の皆既月食の観察はほぼあきらめかけていたが、ふと夜空を見上げると月がはっきり見えているではないか(^^)/ 寒いので時々時間を見計らってカメラを抱え庭に出て撮影を試みた。三脚を据えて最初は撮っていたが月がほぼ真上なのでカメラの角度が制限されてなかなかうまく狙えず結局手持ちで撮った。つまりシャッター速度をある程度確保しなくてはならず、肝心の赤銅色のレッドムーンは光が足らずズームレンズを通して眺めただけで直前までしか撮れなかった(^^;) まあ、今回は風邪のひきなおしもなかっただけよしとしよう。

Mo4a15771

Mo4a16152

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『思ったより時間がかかった回復と近況報告』

 回復にほぼひと月かかってしまった。しかし、まだ本当に大丈夫なのか自信はない。年越しの高熱がおさまってからも気分の悪い状態が続き、そのうち風邪をひきなおし、37度台が10日ほど続いた。雪が降った後あたりから平熱に戻り、料理をしてみようかという気持ちになってようやく回復を意識できた。素人判断かもしれないがインフルエンザA型、B型に続けて罹ったのかもしれない。
 料理の方は2度ばかり挑戦した後キッチンが故障し、当分こっちは回復が見込めない(^^;) 
 オオタカ撮影も折角のシーズンなのに1カ月以上休止状態。一度大先輩からTELがあったが、スマホの名前を見間違え、「どうした?」とため口で返事をしてしまい「何寝惚けてんだ!そっちこそどうしたんだ?」と怒られ焦った(-_-;)

ようやく作った料理は最近よく作っていた鶏ツクネ、餃子入り湯豆腐とバターチキンカレー。特にカレーはガラムマサラが偶々空で新品を使ったせいかすごく香りが高く、今までで一番おいしかった(*^_^*)

Photo

Photo_2

Photo_3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『今年もよろしくお願いします!』

 最初は私だったんですが結局家族全員にうつってしまった。ピークの熱は摂氏40度。ふらふらながらも現在自分だけがほぼ平熱に下がった。食事はこの4日間おかゆと梅干し以外受け付けない。恒例の若松の年越蕎麦も誰も取りに行けないのであきらめた。お雑煮も全員が回復するまで当分お預けである(-_-;)

Img_1068

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『オオタカ撮影』、『肉豆腐、その後の進展』

 大体6時半から7時の間には現場にいる。このところだんだん寒くなっているが自分は寒さにはあまり苦を感じない。オオタカには会えたり会えなかったりだ。毎年ここで会うBirderはこれまで8人が顔を見せてくれたが、みんな例年と違って伸びすぎた葦やススキで見通しがきかない状態にがっかりしてカメラも取り出さないまま別のフィールドに行ってしまう。いつもオオタカがとまるヒマラヤスギの杭もススキや葦の間にかろうじて見えるだけで、これでは敵が池に向かって飛んでもすぐ草にピントを取られてしまう。でも、全部刈ってしまってもセッカなどの小鳥の居場所がなくなりこちらも困る。せめて頭の先だけでも刈っていただけないだろうか……

Mo4a0045

Mo4a00462

Mo4a00473

Mo4a00484

Mo4a00495

 ススキにとまるホオジロ。そっかあ、これを刈ってしまうとホオジロも撮れなくなるんだ(-_-;)

Mo4a0002

Mo4a0011

 
 ところで、先日も作った大好きな牛肉豆腐。今までネギと肉を先に炒めてからだし汁などで煮た豆腐に戻すようにして作っていたが、もっと簡単で旨く作る方法を発見したので今後のためにメモしておこう。

材料:牛肉切り落とし500g、焼豆腐2丁、白ネギ3本、白滝2袋、水450cc、和風だし2/3袋、しょうゆ100cc、酒100cc、みりん大匙3、砂糖大匙1.5~2弱。
注)白滝はいつもは200g×2袋だったのに、前回から間違えて300g×2袋になっていた。嫌いじゃないので今後もこれで行く。ただし、今回は短く切りすぎた( 一一)

作り方:深鍋に湯を沸かし、だしの素、みりん、砂糖、酒、しょうゆを加えて煮立たせ、さらに牛肉、焼き豆腐、シラタキ、ネギ(青いところも全部OK)を入れて煮る。ねぎを煮る時間を調整すればもう少し形あるものを食べられるでしょう。今回はネギを最初に入れてしんなりしてから肉をほぐし入れ、これらが煮えたころに豆腐、白滝を加えた。まだ研究の余地ありかも。

 はるかにこちらのほうが簡単で、肉や豆腐に味もしみる。どんぶり飯にかけて紅しょうがを添えれば何とか屋の牛丼である!(^^)!Dscf2385

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『我が家の生姜焼き』、『エナガとシジュウカラは友達』

 11月に入ってようやく早朝からカメラを抱えて出かけるようになった。5日にはオオタカを自分でも確認できたが、F氏は1日にも見たとのこと。昨日は残念ながらチョウゲンボウのみ、今朝はモズだけだった。バーダーの方もF氏のほか昨日、今日とN氏も来られた。しかし、今年は雨が多かったせいで目の前のヨシやススキの成長がよく、オオタカがよくとまる止り木への見通しも悪い。二人ともしばらくすると別に移動していった。先日の早朝、にぎやかな鳴き声とともにシジュウカラが庭に数羽飛んできた。撮った写真の中にかわいい小さな小鳥がいたので、今朝お二人にシジュウカラのひなにしてはおかしいと聞いてみたら笑われた。エナガだった( ◠‿◠ )  シジュウカラとエナガはよく行動を共にするのだとのこと。勉強不足だ……

 ところで、うちの奥さんの良く作る夕食に生姜焼きがある。いわゆる「甘くない生姜焼き」だが、数年前に僕が奥さんの留守中に作った情けない見かけの出来上がりを載せただけだったのを思い出したので先日作ってくれたものを載せなおしておこう。今夜も生姜焼きらしい!(^^)!

 庭にシジュウカラと一緒に飛んできたエナガ

Mo4a8724

Mo4a8731

 モズ

Mo4a88431

Mo4a88442

 奥さんの得意な「甘くない生姜焼き」。僕もこれが好きです。

Photo

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『オオタカに再会!』

 昨日の朝、天気も良かったので念のため駐車場に寄ってみるとF氏がいた。半年ぶりだ。彼は次の予定があるようで帰り支度中だったが「来てるよ!」と教えてくれた。見ると200m以上先の杭にオオタカがとまっていた。その後カラスに追われ見えなくなったがレンズで探るとさらに先の杭の上に見つけた。三脚がなくカメラが重いのでじっと飛び出しを待って構えていることができない。案の定カメラを下したときに、敵さんは獲物を見つけたらしく左に飛び出した。手持ちではとても追えない。空中でカワウ(多分)に飛び掛かったあたりでようやく400mmレンズの先にとらえることができたがピントが……。カワウを足でしっかり捕らえて元の方向にUターン。撮影結果はほぼ全滅。今度は三脚を持っていこう(-_-;)

Mo4a8780

Mo4a87851

Mo4a87912

Mo4a879122

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『今夜は鍋!』

  昨日は朝から風が強かったが我慢できないほどではなかった。オオタカが来ているか確認をしに例の駐車場に行ってみた。ここ1年治療中の右目は先日来白内障を併発し、ますます厄介となり、裸眼では余りはっきりしなかったが、400㎜で探って見たところ池にはまだ何の水鳥もおらず狙う猛禽の姿もない。オオタカが時々とまる池の端の木が整理されたのかなくなっていた。また、モズが良くとまる柳の木もなくなっていたが、こっちはオオタカが池に向かって飛ぶときのコースにかぶって邪魔だったのでこれでいいかも。しかし、小一時間も池方向から吹く風に身をさらしていると冷えを感じ、久しぶりに抱えてきたカメラが重くつらくなってきたので今夜は鍋だなとつぶやきながら帰宅。鍋とは2年前から我が家で「扁炉(ビエン ロウ)」と並んで定番となった「湯豆腐+鶏つくね+水餃子」である。

1

2

 翌朝の雑炊ももちろんうまい!(^^)!

Photo

結局、昨日は風が強く買い物に出る気にならず鍋は持ち越し。写真は先日のもの(=_=)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『鮭のソテー、きのこクリームソース』

 一昨夜は飲み会で新橋へ行ってきたが本当に真冬の寒さだった。久しぶりに年相応に元気な友人たちと新鮮でおいしい刺身と熱燗を堪能。

 昨日は比較的暖かく、来たる投票日は台風が来るらしいので期日前投票を済ませた。帰り道、ちょっと大きな農家の庭先で野菜の販売をしているのを見つけた。安いうえに種類も多かったので葉つき大根、葉つきニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、小松菜、みょうが、紫色の小さな大根などを買ったが重かった(#^^#)

 我が家は鮭を食べる回数が多いことに気づいた。数えてみたら9月と10月の一カ月半で16回夕食に鮭が出ている。ほとんどが塩焼きかバター焼きだが、先日TVで、ソテーしたサーモンにきのこクリームソースというのを見つけた。試してみたら簡単でしかも家族に好評で2度作った。ソースを多めに作って翌日の昼にオムレツに添えたらこれも良かった(^-^) オリジナルレシピではきのこはしめじと生のシイタケだが僕はシイタケの代わりに大き目のブラウンマッシュルームを使った。

作り方:

1. 生鮭は塩をふり、10分ほどおいて水気をしっかりふき、こしょうをふる。焼く直前に小麦粉を薄くまぶす。
2. しめじ1パックを小房に分け、マッシュルームは厚めにスライスする。玉ねぎは大きさにより1/2~1個をみじん切りにする。
 3. フライパンにオイル大さじ1を熱し、小麦粉をまぶした生鮭の皮目を下にして並べ、皮がこんがり焼けたら返し、火を通していったん取り出し、アルミ箔などをかぶせて保温しておく。
4. きのこクリームソースを作る。
(3
)のフライパンをふき、オイル大さじ1を熱して、玉ねぎみじんを炒め、しんなりしたらきのこを加え、香りが立ったら白ワイン大3を加え、アルコール分を飛ばす。生クリーム200ccを加えて煮つめ、とろみがついたら塩、こしょうで味をととのえたっぷりとサーモンにかける。

Dscf1958

翌日のオムレツ

Dscf1979

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『自家製タプナードに挑戦中』、『ゴイサギの成鳥』

 冷蔵庫の中に数年前パリで買ってきたタプナード(Tapenade)を見つけた。オリーブの果肉、アンチョビー、ケイパー、ハーブ、オリーブオイルなどをフードプロセッサーなどで細かく撹拌したもの。焼いたバゲットにのせてワインのつまみにちょうど良い。ほぼなくなりかけたところで自家製で作れないものかとレシピを検索し、市販のオリーブで3回ほど挑戦したがどうやっても塩辛い。最初は種なしで、2度目は種ありを一つ一つ種を取って、3度目は薄い塩水で塩抜き(適当にやったので不十分だった)をしたがどれもこれも辛い。4度目は容器に書いてある材料を辞書で調べて、どうやらタイムとローズマリーが入っていることを突き止め、グリーンはあきらめブラックオリーブにしたところ塩分問題は解決した。しかし残ったケイパーを全部入れたため酸味が強すぎた。もう少しのところまで来ているが冷蔵庫には辛いタプナードもどきがたくさんたまってしまったのでしばらく休戦である。見かけはそっくりだけどなあ。まあ、山形の「だし」にも似ているけど( 一一) 今度冷奴にのせてみよう……

Img_0803

Img_0810

こちらが本物

Img_0875

今朝、散歩していたら川沿いにゴイサギ(ペリカン目、サギ科)の成鳥を見つけた。以前目撃したのは羽の茶色の幼鳥ばかりで成鳥は初めてだ。対岸から見ていると水辺から飛び上がって岸辺の木の中にもぐったのでそばに行ってみた。カメラはスマホしかない。そろそろカメラを持ちだすか。しかし、ゴイサギの成鳥はペンギンにそっくりだな。

Img_0846_2

Img_08641

» Continue reading

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『サツマイモコを探して』、『肉豆腐』

 奥さんがセブンで「紅サツマイモコ」なる新発売のシュークリームを買ってきてほしいと言うので、散歩の都度、数店回って捜したが、入荷がないと言われる。その後よく聞くと、東北と千葉県以外での発売とのこと。初めからはっきり言ってよ~。
息子が見かねて、外出したついでに「東京」(-_-;)で買ってきた。普通のシュークリームと違ってもっちりとした皮も中身の芋風味のカスタードもたっぷり詰まっていて旨かった。
 それにしても、近所で毎朝サツマイモコを捜して徘徊する変なおじさんと噂になっていないか心配になる。

Dscf1699

Dscf1701

 
その散歩の途中、「手作り豆腐」の店の前を通った。この地にきて10数年、時々店の前を通るが時間帯が合わないのか肝心の豆腐を見たことがない。この時は朝早かったせいか、ガラスの扉越しに水槽に浮かぶ豆腐が見えた。でも、「準備中」の札が下り、人気もなかった( 一一)

 ところで、家族に美味しいとおだてられ、よく作る「肉豆腐」がある。毎回確かに旨く出来上がるのだが、途中の調整が激しいためいつも自信がないところからスタートする。今回は調味料を足す度にスマホにその量を記録しておいた。これを全部合計し今度は最初からこれでやれば完璧という目論見である。以下とりあえず計算結果をメモしておこう。

材料:牛肉切り落とし500g、焼豆腐もしくは木綿豆腐2丁、白ネギ2-3本、白滝2袋、水400cc、和風だし2/3袋、しょうゆ大7、酒大7、みりん大5、砂糖大1(みりんと砂糖は偶然こうなっただけ。いくらみりんを入れても甘さが足りず最後に砂糖を入れたら良かったのでたまたまこの分量になった)豆腐、ねぎ、白滝の具合で水分が変わるのでこれらの分量も不変ではなさそう。

作り方:フライパンに油をひき、ねぎと牛肉を軽く炒める。別の鍋に水、酒、しょうゆ、みりん、砂糖、和風だしの素で豆腐、シラタキを煮ておき、フライパンの肉とねぎを加え、味を調整しつつ煮る。

777345032550223


| | Comments (2) | TrackBack (0)

『チキンのレモンバターソテー』、『実家の処分』

 ようやく涼しくなってきたが夏が苦手で、猛暑が始まったとたんやめてしまった早朝の散歩をなかなか再開できずにいる。と言って家にいても何か有益なことをしているわけではない。それでもこの夏は、とうとう長い間迷っておいてあった実家を処分する決心をしたので、いやでも業者や、近隣の人たちとの打ち合わせ、測量、私道の追加購入などで暑い中を出かけることが多かった。しかし家を処分するまでにこんなにすることが多いとは想像もしなかったが、まだ終わってはいない(-_-;) 本来ならば両親の思いがこもった家なので、一度は自身で住もうかとも思ったこともあった。しかし子供のころ町中にあった小売りの商店は姿を消すか、よくてコンビニとなり、日常の買い物も郊外の大型スーパーへ車で行かねばならないのが現実。歴史のある町で、このことを大切にしている町であるのだが。幼年期、青春時代を過ごした懐かしいふるさとで老後を暮らすというのは既に夢のまた夢となった。

 唯一家で自分なりにしている役に立つことは料理しかないかも。しかしこれも奥さんに言わせれば、いい加減基本をしっかり覚えて、いちいち呼ばないでほしい。また、「カタカナの名前がついた料理」ばかり作らないでほしいと言われるので果たして役に立っているのか疑問ではある(^_-)-☆

 最近作って気に入った「チキンのレモンバターソテー」。思いっきりカタカナだが……
 レモン汁を入れるので酸味で見かけより( 一一)さっぱりしたソースとなった。

Photo

つくり方:

1.鶏肉は1枚につき、塩小さじ1/2強、黒こしょう少々を両面にふり、皮側に茶こしで小麦粉を薄くまぶす。

2.フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、皮を下にして入れる。ふたをして弱火で35分間焼く。最後の1分間は少し火を強める。

3.皮に焼き色がついたら裏返し、ふたをしてさらに35分間焼き、8割程度火を通す。
4.火を止めてフライパンの余分な脂を拭き、バター10gとレモン汁大さじ1を加える。フツフツとして軽くとろみがつくまで弱火でからめる。5.鶏肉を器に盛ってフライパンに残ったソースをかけ、レモンを盛り付ける。

 カタカナ系ではないが最近よく作るものでは「茄子の塩もみ」がある。ただ、作ったらすぐに食べないとならない。

Photo_2

作り方:

なすを2-3本縦に四つ割りにしてさらに2-3cm幅に切る。塩をふりかけキュッキュと手でもみ、しばらく置いて水気とアクを絞る。ショウガをすって大葉の千切りをあえる。 

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『花桃の苗が届いた(^^♪』、『恒例の冷や汁』

 今朝「花桃」の苗が届いた。先日の朝の散歩中に、愛犬をつれた知り合いの夫婦に出会い、この花桃の木を教えてもらった。ちょうどピンク色に変わりかけたゴルフボール大の実がついていた。誰の木というわけでもなさそうなので、赤くなりかけたのを勝手にいただき、かじって驚いた。見かけからプラムのような味を想像していたが予想に反してまさしく桃の味である。というわけで、前にもロウバイを買ったことのある園芸店にネットで注文した花桃が今回届いたというわけである。春にしだれ枝につくピンクの花もきれいで実も美味しいとのこと。数年後が楽しみだ( ◠‿◠ )  ただ狭い我が家の庭のどこに植えたらいいのかまだ思案中である( 一一) この朝、姿は確認できなかったが林でアオジ(多分です)のチチッチーチリリリリートゥチチュー という鳴き声が聞こえた(^^♪

Img_0690

 天気予報で、東京では昨日で16日間雨天が続いているがこれは40年ぶりとのことである。このためこのところ比較的涼しい日が続いているが、それでも湿気がひどく、先日は毎年恒例の冷や汁をやった。茄子を入れるレシピはあまり見ないが絶対うまいと思う。ただ、上にリンクした自分の以前の作り方ではキュウリと一緒にしているが別々に用意したほうが良い。色移りがする。

Dscf1348

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『クスクスカレー』、『ゴーヤとツナのサラダ』

 相変わらずの猛暑続きで、またカレーになった(^^♪ 、今回はクスクスカレーに挑戦。クスクスは30年前、クウェートにいたときよく食べた。パスタの一種で形状が粒々で米のようだが、塩で味をつけた分量の熱湯に入れ、蓋をして蒸し、バターを加えるだけで7-8分で出来上がる便利なものである。もちろん、このクスクスを具に使うわけではなくカレーをこれにかけて食べる。

作り方:
1)一口大に切った鶏モモ、胸肉と手羽元の合計800gにしっかり目の塩コショウ、カレー粉大2、オリーブオイル大1でマリネーして1時間ほど置いておく。
2)ニンジン1本、ズッキーニ1本をそれぞれ2㎝程の半月切り、ナス3本はさらに厚めの半月切りに。赤パプリカを大きめの乱切り、玉ねぎ1/2個を大きめのくし切りにしておく。 
3)叩き潰したニンニク1片とローリエ1枚をお茶パックに入れる。 
4)鍋にオリーブオイル大1を熱し、マリネーした鶏肉を汁ごと入れ、色づくまで炒める。 2)を加え、トマトペースト約80g、ハーブドプロバンス大1、水を材料がかぶるくらい(4-5カップ)加え、煮立ったらガルバンゾー豆100gと用意したお茶パックを加え、弱火で40分~1時間煮込む。フライパンに大2杯半のオリーブ油にカレー粉大2を混ぜ、熱して熱いうちに鍋に加える。

Dscf13062

 妹にもらったゴーヤでゴーヤとツナのサラダにした。今回は奥さんのアイデアで缶詰のコーンも入れてみた。

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『バターチキンカレー』、『白鳥の子』

 パソコンの起動は、時折シャットダウンからやり直す必要があるなど手順が多くなって面倒だが何とか無事にできている。とりあえずパソコンもブルーレイレコーダーも今までのようなスイッチ入れっぱなしは止めよう(-_-)

 毎日暑い日が続き散歩もさぼりがち。日頃の食事もソーメン、冷やし中華などが多くなってきたが「暑いときはカレー」というお約束?を思い出し、先日テレビで見た簡単に作れそうだったバターチキンカレーをやってみた。最近バターチキンカレーが評判らしい。作るのは初めてだったが大成功!絶対もう一度食べたくなるカレーだった(^^)/ レシピにはなかったが、カイエンヌペッパーを加えたのがよかったみたいだ。カルダモンも加えた。ホールがどっかへ行ってしまったのでパウダーを少し入れてみたが効目ははっきりしない(-_-;)

材料:4~5人分(TVのとは若干異なる)

•鶏むね2枚

•小麦粉大さじ1強
(A)

 •プレーンヨーグルト100cc

 •トマトケチャップ大さじ2

 •カレー粉小さじ3~4

 •にんにく(すりおろし)1かけ(たまたま大き目)

 •しょうが(すりおろし)1かけ(多め)

 •塩小さじ1

 •砂糖大さじ2弱

 •クミン(粉)小さじ1

 •ガラムマサラ小さじ1

•トマトのカット水煮缶1(400g)

•オリーブオイル適量

•生クリーム 100cc

作り方

1.鶏むね肉は、皮を取り除き、3センチ角に切る。ポリ袋に入れ、小麦粉をまぶす。

2.(1)にAを入れ混ぜ合わせ冷蔵庫に1日おき、なじませる。 
*その後数回やったが、1日ではなく30分でも1時間でも何の問題もなかった。
3.フライパンにオイルを入れて強火にし、(2)をサッと炒め、トマト缶を加え、ひと混ぜする。ふたをして20分間(実際はもっと長かった)煮込み、塩、カイエンヌペッパーで味を整え生クリームを加える。

Photo

 もう先月になるが、コブハクチョウがまた子供を産んだというので散歩のコースを変えて少し先の公園に行ってきた。だいぶ育っていたがまだ羽は小さい。時々親の真似をしてばたばたと羽を振るが何もついていなくてかわいかった(*^^*)

Jpeg_mo4a8611

母親の場合

Jpeg_mo4a8643

池のハスの花

Jpeg_mo4a8627

市民プールではヤマモモの実が赤くなっていた。

Jpeg_mo4a8659

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『干物を使って焼きサバ寿司を作ってみた!』、『野鳥の親子』

 パソコンは一応F2キーの連打からセーフモードで起動に成功したが、その後も油断すると再起動やら、コンセントを抜いて休ませるとかしないと起動しないこともあり面倒である。おまけにモニターが視野欠損状態になるという現象も度々で少々うんざり。
 
 それはそうと、先日TVでサバの干物で、僕の大好きなあの焼きサバ寿司を作っていた。早速試してみたら期待以上に旨かったのでメモしておく。婿さんがパリに出張で、また長女が実家にやってくるらしいので教えてやろう(*^-^*)

材料:サバの干物、大葉、甘酢ショウガ、炒り白ごま、炊き立てのご飯、酢飯用に酢、砂糖、塩もしくはスシノコ。

1) サバの干物は胸びれの下で頭をおとし、尾も切っておく。グリルで焼く前に背骨をはずし腹骨を包丁でそぎ取る。小骨は焼いた後で取る方が簡単。
2) 骨を取ったサバを皿に並べ、両面に大さじ2の酢をまぶし5-10分ほどおき、臭みを取る。
3) グリルできつね色に焼く。小骨を指でさぐって取り除く。
4) 酢飯を用意し、甘酢ショウガの千切り、炒り白ごまを混ぜ込んでおく。
5) ラップを敷いて、皮目を下にしたサバの上に大葉を3枚並べ、酢飯を俵状に置いて、ラップで包んで形を整える。切るときは水で濡らした包丁でラップごと切ると簡単。

Dscf0939

 今月の初めころ、散歩していると季節がらこどもの世話をやいている親鳥をよく見かけた(^^♪

 コチドリの親子(空き地に近寄ると親鳥の警戒する鳴き声がした。コチドリのつがいとよく見ると生まれたばかりのひなが3羽いた)

Mo4a8529

 カワラヒワの給餌

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『パソコンがダウンした😂』

ウインドウズ10の自動更新に時間がかかると思ったら、画面が真っ暗になり使えなくなってしまった。ipadからアクセスしていますがアルバムにはアクセスできないのでしばらく休眠です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『結婚記念日にニュイ・サンジョルジュ 1er Cru を開けた! 』、『オオヨシキリ』

 先日、43年目の結婚記念日を迎えた(^^♪ Goldene Hochzeit(金婚式)まであと7年。ドイツにいたときにちょうど金婚式を迎えた両親を呼び寄せ、1か月間あちこちドライブで連れまわしたが、自分が7年後にこんなことされたらきっとついて行けないだろうな( 一一) しかし、両親は元気だった。午前中からソーセージで正1リットルのビールを飲みニコニコしていた(^^)/ こんなわけで、あと7年は待てないので娘たちがワイン祭りで訪ねたボーヌから送ってくれたとっておきのバーガンディ、ニュイ・サンジョルジュのプルミエ クリュを開けた! 適切な言葉は到底出てこないので控えるが超うまかったのは確かである(^^)/ 
 実は、記念日の前日は恒例の右眼の注射の日。いつもこの前後10日くらいは気分が落ち込んでいるのだがこの日は違った。これからもいつも美味しいワインを開けることにするかな (^_-)-☆

Photo

Mein Frauchen (=僕の可愛い奥さん(^_-)-☆) 特製のローストビーフと明太子スパ

Photo_2

Photo_3

と、サラダ

Photo

 先日来、早朝の散歩のときに(オオ)ヨシキリのにぎやかな鳴き声はしても姿を見つけられないでいたが、ようやく撮影できた。鳴いている園内には早朝なので入れず遠くからの撮影である。

 オオヨシキリ(スズメ目、ヨシキリ科)

Mo4a8362_jpg

 トリミング

Mo4a8362_jpg_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『エナガとタシギ』、『そら豆ご飯とササミのソテー、ゴルゴンゾーラ風味クリームソース』

 今朝、久しぶりにオオヨシキリの声を聞いた。池のヨシの繁みで鳴いており姿は見えなかったが例のギョギョシッ、ギョギョシッが聞こえてきた。名前(行々子とも書くらしい)どおりだ。この声を聞くと夏は近い。
 先週の土曜の朝、電線に何かとまったのでとりあえずシャッターを切って(期待もしていなかったので1枚しか撮らず)あとで捨てる前に念のため拡大してみたらエナガ(スズメ目、エナガ科)のようだった。僕にとっては初めて出会った鳥だった。

Mo4a8237_jpg

 こどもの日、クイナはいなかったがもともと捜していたタシギ(チドリ目、シギ科)を見つけた。

Mo4a8179

 料理当番の土曜のディナーは、「鶏のササミのゴルゴンゾーラ風味クリームソース」に挑戦。以前NHKでやっていたフロマジェ(チーズのソムリエコンテストで世界一に輝いたフランス人)が紹介していたワインに合う料理である。鶏嫌いの奥さんもササミなら大丈夫である。

Photo

作り方(2人前):ササミ4本に塩をして、オリーブオイル適量を温めたフライパンで両面に焼き色を付けるように炒める。ササミを焼いている間、同じフライパンにエシャット1個、ニンニク1/2のみじん切りをバターで炒め、香りが立ったらマッシュルーム1パックを1/2~1/4に切ったのを加え白ワイン大2を入れる。ササミをとりよけてふたをして10分蒸し焼きにする。キノコから十分水分が出たころにブルーチーズ80g、生クリーム60ccを入れ弱火でゆっくりチーズを溶かす。黒コショウをかけ皿に盛りつけたササミの周りにソースを回しかける。イタリアンパセリの葉をはさみで切って飾る。エシャロットはないので玉ねぎ1/2個使用。伊パセリもなかったのでビンの普通のパセリ。ササミは6本でやったので他も適当に調整した。間違えてエシャット1個でやらないように(^_-)-☆ エシャロットです。少しあっさり味にするためレモン汁少々をソースに加えました。

 なお、ご飯は娘のお婿さんの実家から段ボール箱いっぱいの新鮮なソラマメをいただいたので当然ソラマメご飯になりました(^^)/ 奥さんの作り方は、炊飯器の米に昆布と日本酒大2、塩少々を加え、炊き上がる5分前にさやおよび薄皮を剥いた生のソラマメをたっぷり載せて炊き上げるというもの(^^♪
おいしいのでつい食べ過ぎました(^-^;

Dscf0645

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『初めてクイナと出会った!』、『タラの芽のおひたし』

 最近、遅まきながら運動不足に気が付き朝の散歩もなるべく多めに歩くよう心掛けているがカメラが重いので支える左腕と腰を傷めた(-.-)。少し控えるかと思いながらいつものチェックポイントに寄ると見慣れない鳥が草の中を動いた気がした。タシギだと思いカメラを連射したがすぐに隠れて二度と姿を見せなかった。数枚ようやく撮れたのを見るとクイナ(つる目、クイナ科)だ。腰のことは忘れてその後も何度か寄ってはみているが二度と現れない。Mo4a8092_jpg

トリミングしてみた

Mo4a8092_jpg_2

大柏川ではキアシシギ(チドリ目、シギ科)がいた。

Mo4a8155jpg

散歩道沿いの梨園の白い花は終わり、小さな青い実をつけている。

Mo4a8150_jpg

 ちなみに先月の中旬には下のようにまだ花が咲いていた

Photo

Photo_2

 ご近所さんに今年もタラの芽をたくさんいただいた(^^)/ 昨年はこれをてんぷらとタラの芽ご飯で食べたが、今年は、お浸しがおいしいよとのアドバイスをもらって全量を奥さんがおひたしにした。春の野菜はどうしてこんなにほろ苦くてうまいのだろう!

Dscf0512

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『つくしんぼ』

 オオタカは、もちろん大分以前から姿を見せていないので最近はようやく散歩ができるようになった。オオタカの撮影場所には歩いても800歩くらいなのでシーズン中はほとんど歩数を稼げない。数日前、歩いていると一生懸命何かを摘んでいる人がいる。つくしが今年は遅いのでまだこんなに生えていると言われ、はじめて気がついた。一緒に片手に一杯ほど採らせてもらって煮てみたが小皿に載る程度にしかならなかった(^^;) 

 作り方は、母が昔作ってくれた時の味とは違うようだが:(1)つくしの袴をとる (2)水でよく洗い、鍋に湯を沸騰させ、塩を加え3、4分ゆでる (3)ざるにとり、もう一度流水で洗い、水気を切る (4)フライパンで少量のサラダ油で軽く炒め、酒、ショウユ、みりんを少量づつ(なんせつくしも少量なので)加えて煮る。

とりあえず、酒のつまみには良いほろ苦い味にはなりました(^^)/

Mo4a7929

Dscf0493

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『桜』

 会社通勤していたころは週末くらいしか落ち着いて桜並木を散歩することもなく、どういうわけか週末ごとに雨が降り、風が吹くので花はいつの間にか満開となり散っていった。しかし、今はサンデー毎日の身、案外花の命も長く感じられる。今年もたっぷり2週間は楽しめた。先日、40数年前に関西の独身寮でいっしょだった同期数人で新川から隅田川、大横川沿いに花を愛でながら歩き、門前仲町のおでん屋で飲んできました。池波正太郎の「本所・桜屋敷」の舞台あたりにも行ってみたかったが近いのかな?

5

6

そろそろ桜も終わりに近づいたころ奥さんと出かけた帰り道、大柏川の橋の上から川を流れる「花筏」に二人の影がうつりました(^^♪

Img_0452

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『娘のお泊り(^^)/ 』

 婿さんがNYに出張中とのことで長女が久しぶりに実家に戻ってきた(^^)/ 
ところがいつ来るか、いつ来るかと首を長くして待つうちに僕は熱を出し、2日ばかり寝込み、治ったと思ったら、帰る前日にまた熱を出してこどもみたいだと笑われた(-_-;) 
 ちょうど娘たちの結婚記念日とうちの奥さんの誕生日が一日違いでこのお泊りに重なっていたので、1日目は「鶏のつくねと水餃子入り湯豆腐」、2日目は「ニンジンポタージュ」、「ミートソーススパゲティ」を僕が作り、3日目は母と娘が「ちらし寿司」を作った。毎晩、パリから送ってくれたサンテミリオンなどを惜しげもなく?開けてお祝いしたのはもちろんである(^^)/

Dscf0338

Dscf0351

Dscf0357

Dscf0360

Dscf0368

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『オオタカの逆襲』、『ロシア風煮込みハンバーグ』

 2月も終盤、オオタカの出る頻度は減って今シーズンも終わりかと思われたが2月28日から昨日まで4日連続でオオタカが出現。やはり今年はオオタカもほぼ若ばかりでこの時期になってもペアリングや営巣に影響されないからだろうか。しかし、今年は何となく池に鴨の数が少なく、また、鴨池にヨシがはびこり狩りが難しいのか、狩りが成功したのを目撃する頻度が少ない。

 28日はしつこいカラスに追われ止まり木から飛び出したが、果敢にも途中空中で逆転して2羽のカラスを追いかけるという逆襲を見せてくれた。

Mo4a66211

Mo4a66692

Mo4a66703

Mo4a66724

Mo4a66735

 1日の朝は遠くに見つけた鳩に低空飛行で飛びかかって行ったが、足で掴みそこない、必死の鳩に空中ですり抜けられた。この模様はレンズで追いかけるには追いかけたが、ピントが合わず悔しいが、証拠写真としてアップ。でも、300m位離れていたんですよ(-_-)/タブン

Mo4a6819

Mo4a6820

Mo4a6821

Mo4a6822

Mo4a6829

 以前3分クッキングで見た「ロシア風煮込みハンバーグ」をやってみた。普段我が家ではハンバーグと言えば「豆腐ハンバーグ」が定番になっているが、今回のハンバーグは肉の歯ごたえがしっかりしているところがポイントだった。うん、これもいいなあ(^^)/ 以前「シシリアン・ペンネサラダ」の時と同様にどこの部分が「ロシア風」なのかの疑問は若干残ったけれど……
 実際に作ったのはオリジナルレシピのほぼ2倍だがレシピは基本のを載せておく。

作り方:
1.ハンバーグに入れる玉ねぎ1/2をみじん切り、ソースに使う玉ねぎ1/2を薄切りにする。シメジ1パックを小房に分ける。
2.ボウルに合いびき肉を350g、みじん切りの玉ねぎ、塩小1/2、コショウ少々を入れ、手でよく練り混ぜる。4等分にして小判型にまとめ小麦粉をまぶす。
3.フライパンに大1のオイルを熱し、肉を中火で両面をきつね色に焼く。
4.ここへ、バター大1、薄切りの玉ねぎ、しめじを散らし、トマト水煮缶1/2、水1/2カップ、塩小1、コショウ少々を入れ、ふたをして中火で10分程煮る。
5.器にソースとともにハンバーグを盛り付ける。

Dscf0066

Dscf0077

Dscf0083

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『アオジが珍しく枝にとまった!』、『チュウヒの空爆(^-^;』

 ほぼ毎朝オオタカに会いに行ってはいるが、このところ会える頻度は低くなっている。3月くらいになると営巣期に入り、餌は巣の近くで捕るようになるだろうから巣から遠い所へは来なくなるのはわかるが、今ここに来ているのは若だ。営巣するには早すぎる。どうしてだろう? 
 この日は珍しいことにアオジ(スズメ目、ホオジロ科)の雌(多分)がヨシの藪の中でなくねむの木の枝にとまった。「鳥のおもしろ私生活」を見てみたら、3月ころになると急に大胆になり枝にとまるようになると書いてあった。このことかも。

Mo4a6337

 先日、チュウヒが飛んだ時レンズで追っていたら、普通飛んでいるときには足を後ろに水平に保っているのに急に下におろした。と思うと空中でフンをした。こんな芸当もできるのか(#^.^#) 

Mo4a45911

Mo4a45922

Mo4a45943

Mo4a45954

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『セッカに会いたい!』

 長女夫婦の住居もようやく決まって引っ越しも完了。しかし、家具類はそろったのはまだ電化製品のみらしい(-_-;) でも、日当たりも良く明るい家で、外から帰ってくるのも楽しいと言っているのでよかった(^^)/ 

 ここしばらくオオタカにも会えていないが、こういう時には例年であれば目の前のヨシやすすきにセッカが飛び回ってかわいらしいモデルになってくれるのだが今年はほとんど見ない。先日、2本のヨシに足を開いてセッカどまりでヨシの茎の陰からこちらを覗いているという千載一遇の場面に今期初めて遭遇、チャンスとカメラを向けたが、周囲にピントを取られて残念な結果に終わってしまった( 一一) 

セッカ(2月6日撮影)

Mo4a4753

 先日、見つけたオオジュリンとメジロに何かの調査の目的だと思うが、それぞれ違う種類の足環がついていた。

オオジュリン(1月12日撮影)

Mo4a0884


メジロ(1月22日撮影)

Photo

 ところで、今月の「BIRDER」誌に今度個人年会費3000円でいろいろな野鳥図鑑や草木の図鑑が見放題のサイトを準備中との予告が載っていた。楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『オオタカのバトル!』

 オオタカは10日程現れず、早めにシーズンが終わったのかと心配させたが、このところまた毎日来てくれる。今朝は珍しく若が2羽来ていて、今期初めてのオオタカの若同士のバトルが見られた。やはり毎日観察しているといいチャンスに巡り合える(^^♪ ただ、今朝はどういうわけか、フォーカス・リミッターが2.8m-10mになっており、最初のバトルの数十枚は見事に全滅( 一一) ファインダーではなく照準器を覗いて撮っているのでピントが合っていないのに気付かなかった。その後しばらくはショックで思うようにカメラを振り回せなかったが幸いにもその後もバトルをやってくれたので何とか撮れてよかった(^^)/

Mo4a3254

Mo4a3546

Mo4a3551

Mo4a3577

Mo4a3600

Mo4a3602

Mo4a3751

Mo4a3753

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ギラって知ってますか?』、『チュウヒが狩りをする』

 先日羽田に子供たちを出迎えに行ったとき、向こうのお父さんから「ギラ」という珍しい小魚の干物をいただいた。体長3-4㎝の、本当に小さな魚の丸ごとの干物で、ぺちゃんこ状態になっている。これを教わったとおり、フライパンで軽くあぶって食べてみて驚いた。大変な美味である!なりは小さいが旨みがしっかりしていて、手がとまらなくなる。酒のつまみになるために生まれてきたのかと疑うほどである。
 調べてみると、スズキ目、ヒイラギ科の魚。「ギラ」というのは千葉・南房総の呼び名で、主に獲れる西日本各地では場所によりいろいろな名前で呼ばれているとのこと。しかし、こんなに旨い魚を自分は今まで全く見たことも聞いたこともなかった(#^.^#) きっとほぼ地元で消費されるのかもしれない。

Dscf9788

 昨日、一昨日とあまりの寒さでオオタカ撮影をさぼったが、今朝は久しぶりに行ってみた。しかし、オオタカは現れず、あきらめかけたところにチュウヒが突然飛んできた。しばらく葦の湿原を旋回していたが池の端で何か獲物を見つけたのか、まるでオオタカが空中で獲物にとびかかるみたいな姿勢を示した。空中で何か捕った様子はなかったので急停止の姿勢だったのだろうか? ヨシの茂みにもぐって出てこなくなった。

Mo4a2560

Mo4a2561

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『シグマ150-600でオオタカ&小鳥などを撮った!』

 シグマの150-600mmズームレンズを手に入れた翌日の朝、早速オオタカを撮りに行く。いつものように左手の大柏川沿いの土手のお気に入りの枝にとまったきり動かなくなった。オオタカに焦点を合わせてよそ見をしているといきなり跳び出した。どんどん空高く上がっていくので、慌てて露出補正を+0.7に修正。さらに間に合わないのでファインダーではなくスコープをのぞきながらシャッターを連射。距離はおそらく200m以上かも。

 トリミングしています。

Mo4a1273

Mo4a1276

 木の実を大分苦労して飲み込もうとしているヒヨドリ

Photo

 メジロ

Photo_2

 ジョウビタキの雌

Photo_4

 寒いのでこのところ何度もやっている現在我が家定番の鍋。最近は水菜ではなく春菊が気に入っています。真鱈の白子も入れたらどうかと思いついて買ってきたが、熱湯に10秒くぐらせ氷水に入れたところで、もったいなくなり、長男と日本酒をやりながらポン酢で全部食べちゃいました。鍋には入っていません(^^;)

Dscf9771

Dscf9779

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Comtemporary をゲット!』、『ペテンダック』

 シグマの超望遠レンズ、150-600mm、無事稟議が通り、奥さんの承認が出た(^^)/ 
 早速ヨドバシに行ってきた。ただ、昨日は同期の飲み会があり、万一忘れてくるといけないので、取り置いてもらって翌日受け取りに行ってきたrun ついでに今まで持っていなかった照準器(オリンパスのEE-1)も買って、酉年の2017年はこれまでにない万全の態勢でオオタカに臨むこととなる(^^;) 

 その晩は鳥にちなんで例の「ペテンダック」で乾杯!

Dscf9758

Photo

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『シグマの150-600mm超望遠が欲しい!』、『久しぶりのオオジュリン』、『カレードリア』

 僕が作った初カレーの翌日のランチに、奥さんが残ったカレーを利用して作ったドリアもどき。ご飯を薄めに敷きつめた上にカレーを平らに均し、さらにミックスチーズをのせてオーブントースターでグリルした。目先が変わってうまかった(^^♪ どちらの手柄かとしばらくやりあったけど……

 先日の七草がゆの朝、ホオジロがススキの穂にとまっていた。今朝はオオタカには会えなかったが、すぐ目の前のヨシに久しぶりにオオジュリンがいた。昨年は飽きるほどオオジュリン、セッカがここにとまった。今年は飛んでいる姿は確認できるのだが、すぐに草むらにもぐってしまい、なかなか上にのぼって来ない。
 ところで、今持っているキャノンの100-400mmもうまく使いこなせていないのに、ほしいレンズが出てきてしまった(-_-;) シグマの150-600だ(^^)/ 
 しかし、久しぶりに使ったなあ、このフレーズ。「みんな持ってる」(#^^#)

初カレー

Dscf9676

カレードリア

Dscf9689

ホオジロ(スズメ目、ホオジロ科

Mo4a99402

オオジュリン(スズメ目、ホオジロ科)

Mo4a0754

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『七草がゆ』、 『チュウヒの旋回』

 今年に入って何度かチュウヒ(タカ目、タカ科)が飛来する。チュウヒはカモを襲わないのに、決まって池からカモの群れが一斉に飛び立ち、集団で逃げ惑うのでそれでチュウヒが来たと知れる。チュウヒが眼に入るとせっかく来ていたオオタカはそれを嫌ってさっさと帰ってしまうのが常だ。先輩方の話ではチュウヒとオオタカのバトルはあまり見ないが、それより体長の小さいチョウゲンボウ(ハヤブサ目、ハヤブサ科)はかわいい目に似合わずオオタカに急降下などで突っかかっていくという。
 七草がゆの日の朝、S氏と静かな朝だねとつぶやいていると、突然チュウヒが飛来し、池の周囲を低空で旋回し始めた。チュウヒの獲物は主にネズミや昆虫、カエルなどでまるで偵察機のようにゆっくりと眼を地面に向けて旋回し、僕のような素人には撮影のチャンスが何度もあるのでうれしい。トリミングして目を見ると、時々ちゃんと撮れたか?とでもいうように横目でこちらを見ている感じがする(*^^*) その日は400mmに慣れない1.4倍のテレコンをつけていたので、それでもレンズの中央にとらえて合焦させるのは難しかった。

Mo4a0036_2

Mo4a0063

Mo4a0086

Mo4a0293

Mo4a0058

 無病息災を祈って七草がゆをいただきましたfuji

Dscf9710

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『シメ』、『オオタカがカワウを追いかけるも失敗( 一一)』

 4年ぶりに帰国してくる長女夫婦の新居が決まらず心落ち着かぬ日々だが、正月はどうしようもないので、とりあえず毎朝、暁をついてオオタカを撮りに出かけていたがほぼ毎朝会えている。もちろん会えたからと言って撮れるとは限らないのだが……

 昨日は珍しくオオタカには会えずじまいで終わったが、すぐ横のねむの木に初めて見る小鳥がとまった。青空バックなのであわてて露出補正をかけて一度だけシャッターを押すと飛んで行ってしまった。知らない鳥だったが仲間に見せるとシメ(スズメ目、アトリ科)だとのこと。おあとがよろしいようで(-_-;)

Mo4a9849_trimming

 二日の朝はいないなと思っていたら、いつもは見向きもしないカワウを追ってオオタカが飛び出した。慌ててピンボケの連射をしたが狩りは失敗に終わった。よほど空腹だったに違いない。

Mo4a81631

Mo4a81642

Mo4a81653

Mo4a81664

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『謹賀新年』

 元旦も夕方になってしまってなんですが、あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いいたします<m(__)m>

 初日は撮るには撮りましたがレンズ越しに太陽を見たくなくて、と言って、歩道に三脚を立ててライブヴュー撮影も迷惑になるので、手持ちでさっと覗いて目をそらしてシャッターを押しました( 一一) 空気中にちりもなく、雲も全くなかったのでただ山の向こうから白熱電球が頭を出してきたようで、若干風情に欠けました。

Mo4a8086

 太陽が完全に顔を出す前にオオタカを探しにいつもの撮影場所へ。今朝はオオタカフォトグラファーは僕を入れて4人。肝心のオオタカはお立ち台に留まったきり動かない(-_-;) お腹が減ったので解散しておせちを食べに家に戻った
Mo4a8116

 京都の義兄が餅を送ってくれたので、底に沈んで見えてませんが今年のお雑煮は丸餅です(^^♪ (奥さんが椀にイクラをのせるのを忘れたらしい)

Dscf9633

恒例の我が若松の年越しそば(^^♪

Dscf9622

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ゆず味噌とふろふき大根他』

 いつも野菜などをいただくご近所の方からゆずをたくさんいただいた(^^)/
TVでゆず味噌の作り方をやっていたので、早速これでふろふき大根をやってみた。今までは奥さんが普通の味噌、酢、砂糖で作った甘酢味噌に手元にあればゆずの皮を刻んで載せたりしていたが、今回僕が作ったのはユズの風味がよりしっかり出ていて美味しかった(^^♪

 作り方:ゆずの皮をおろし器で表面だけ1個分削って(白いところまで削ると苦味が出る)、ジュースもしぼっておく。火のついていない鍋に白みそ150g、砂糖大2、みりん大3を入れて木べらでよく混ぜてから中火で照りが出るまでよく練る。火を止めてからユズの皮とジュースを入れてよく混ぜる。火にかけているときはゆるめでも冷めるとちょうどよくなる。

2_2

 大根の皮にゆずと赤唐辛子を加えて、ショウユをかけまわして冷蔵庫で冷やしたもの。酒のつまみによい。

Dscf9555

大根と言えばおでんだ(^^)/ ちくわぶが入っているが我が家では好きなのは自称関東人(生まれは関西)の僕だけである。関西人の奥さんと自称関西人(高校、大学が関西)の息子は出汁が濁るとかのたまう(^^;)

Img_0040

» Continue reading

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『ミロトン 』

 ようやく長女夫婦がパリから帰国することになった(^^)/ 4年振りだ。昨年あたりからフランス始めヨーロッパではあちこちでテロが続き、事件が報道されるたびに心配したがとりあえず一安心である。

 先日TVでフランスの家庭料理だという「ミロトン(MIROTON)」なるものを紹介していたので早速試してみた。日本のハヤシライスの原型との説もあるとのことだったが、なかなかおいしくて既に3、4回は作った。ネットで調べると、もとになったものは細かい点で違いはあるみたいだが、とりあえずTVのレシピどおりにやってみた。

材料:牛肉切り落とし300g、玉ねぎ1個半、トマト大1個、バター20+10g、塩少々+小半分、白ワインビネガー大1杯半、水1カップ、ガーキン(Gherkin)つまりきゅうりのピクルス60g、胡椒少々

作り方:玉ねぎ1個半をスライスして、バター20gを溶かした厚手の鍋でこげ茶色になって甘みが出るまで約40分炒める。フライパンにバター10gを溶かし、牛肉の切り落とし300gを表面の色が変わる程度にさっと炒め、塩少々を振りかける。後で煮るので少々赤みが残っていても問題なし。これを先ほどの玉ねぎの鍋に移し、湯むきしてざく切りにしたトマト大1個を加え、白ワインビネガー大1杯半、水1カップを入れ、鍋肌に焦げ付いた玉ねぎを木べらを使って水の中にこそげとり、沸騰してから弱火にしてコトコトと40分ほど煮る。水分が少ないので途中焦げ付きそうになったら水を足す。この間、きゅうりのピクルス(ガーキン)を斜め薄切りにしておく。これを鍋に加え、塩小半杯、胡椒少々で味を整え、なじむまでしばらく煮て出来上がり。番組ではこれをすりおろしたニンジン小1本をバター20gで炒め、暖かいご飯600gと炒め混ぜたものに添えていたのでそのようにしたが普通のご飯でもOK。

 ちなみに、ネットで見たフランス人や欧米人のレシピでは玉ねぎを炒めた後小麦粉少々を加えてさらに炒め、ブロスでのばした玉ねぎをオーブン皿に敷き、前夜のローストビーフの残り約500gを並べ(そもそもこんなに残るほど我々は作らない(^^;) )残りの玉ねぎソースをかぶせ、さらにパン粉を上に載せ、溶かしバターを振りかけてオーブンで焼くというものが多かったみたいだ。まあ、家庭料理だからそれぞれの家庭、残り物の状況によりパターンはいくつもあるでしょうね(^^♪ 試してみてください。しかし、僕が美味しいと思ったポイントはシンプルな味付けなのに、ガーキン、トマト、ワインビネガーの酸味とよく炒めた玉ねぎの甘みのマッチングでした。

Dscf9167

先日のオオタカ

Mo4a60471

Mo4a60482

Mo4a60503

無防備なオオタカのお尻しか撮れなかった日

Mo4a5891

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『オオタカのホバリング』、『モズのはやにえ』

 昨年のオオタカは池の上でのホバリングをめったにやってくれなかったが、今期のオオタカは池の近くの柳の枝にとまることが多く池のカモを狙ってホバリングすることもあり撮っていて楽しい。ただ今のところ、うまく獲物を捕らえた瞬間に出会ったことがない。その失敗がトラウマになってしまったのか、今朝など、とまった枝の真下の水面にたくさんのカモがゆうゆうと泳いでいるのに何にもしない。おまけにそんなオオタカを小ばかにするように集団でカモが目の前に飛来して池に入ったにもかかわらずこれにも反応しない。思わず、「失敗を恐れるなー!」と声をかけたくなる(^^)/

 オオタカは水にぬれたくないのか空中で羽ばたいて止まり、おそらくカモが飛び出すのを待っているのかも。

Mo4a50522400

Mo4a50381

 カモがオオタカを無視して次から次へと池に降り立つ(^◇^) あんたは鴨池の気のいい管理人さんですか?

Photo

 今朝はこうして動かないタカを見張っている間に100mほど離れた柳の木の先にモズが止まったのが見えた。カメラを向けるとちょうどイモムシのようなものをくわえたところだ。それをくわえたまま僕のちょうど横に立つねむの木に飛んできたので、カメラで追っていると捕った芋虫をとがった小枝に何度も苦労して刺そうとしていた。いわゆる「モズのはやにえ」だ。ようやく刺すとそのままどこかへまた飛んで行ってしまった。

1

22

3

4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『王者の着地』

 一週間前の朝、仲間内の通称、「ヤグラ」にオオタカの若がとまった。数分後、何かを見つけて飛び出したが残念ながら後ろ姿しか撮れず、がっかりしていると、その3分後、チュウサギが同じヤグラにリオ・オリンピック金メダルの内村航平ばりの見事な「王者の着地」を見せてくれた(^^)/ (ドヤ顔もカメラ目線もなしで (^^;)

Mo4a44349

Mo4a44361

Mo4a44383

Mo4a44394

Mo4a44416

Mo4a44427

Mo4a44438

Mo4a44449

Mo4a444510

Mo4a444813

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«『オオタカが飛ぶ朝、飛ばない朝 』